2008年12月26日

品川近視クリニックで患者情報18000件が流出事件雑感(3)

前回のエントリーからすっかり間が開いてしまいました。

前回は低価格化戦略の悪循環を回避する方向性について個人的意見を論じましたが、その続きです。

さて、今回は低価格化戦略が持つ、さらに気になる点について、ツラツラと述べたいと思います。

興味のある方は引き続きお読みください。


低価格化戦略の肝は「薄利多売」にあるということは、再三申し上げてますが、
これをもう少し掘り下げてみましょう。

レーシックで考えますと、低価格化戦略の肝は、

手ごろな価格で、多くの患者さんの手術を手がける

ということになるかと思います。

何を当たり前のことを言ってるんだ?とお思いでしょうが、では、さらにそれを実現するにはどうすれば?ということを考えて見ましょう。

まずは、多くの患者さんが手術を受けるための、「広いスペース」(手術室、待合室など)が必要となります。

同時に、「多くの機材」(エキシマレーザー,ケラトームなど)が必要となります。

更には、その機材を扱うことができる「多くの眼科医と補助スタッフ」が必要となります。

つまり、レーシックに関して言えば、低価格化戦略を行う前提条件として、豊富な「空間」、「技術」、「人」が必要ということになります。

ですから、個人経営しているような町の眼科さんが、安易に低価格化へと進むのはやめておいた方がよいでしょう。

そういう意味で言えば、品川近視クリニックは、大変戦略的に低価格化を進めてきたクリニックであると思います。

話を戻しますが、低価格化戦略を行うにあたり「空間」、「技術」、「人」の3つのうち、一番重要で難しいのは「人」、すなわち「医者とスタッフの確保」ではないかと思います。

というのは、現場の医師やスタッフさんは、患者さんに直に接し、患者さんの満足度を大きく左右するからです。

実際、こういうブログを運営している関係上、医師の方ともお話させていただく機会があるのですが、
驚かれるかもしれませんが、
患者さんが全てというお医者さんは少なくありません。

当然、これに当てはまらないお医者さんもいるかとは思いますが、
私の経験上、患者さんの悩みを如何に解決して、
喜んでもらえるかを考えているお医者さんが多いという印象があります。

医は仁術とはよく言ったもので、
お医者さんとは、「患者さんの方しか見てない人」と考えていただいてよいかもしれません。

さて、ここからが本題となるのですが、
少し長くなってしまいましたので、
詳細は次回にまわさせていただきたいと思います。

まとめ下手で申し訳ないですが、
また気長にお待ちいただければと思います。

(つづく)
 

 


Copyright © 2005-2006 LASIK体験者によるレーシック入門 All rights reserved.

posted by でぃえら at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックニュース | お問合せ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

トラックバックは管理人の承認後に表示されます.

承認の基準については,本ブログのトラックバックポリシーをご確認いただけますようお願いいたします.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。