2009年03月19日

銀座眼科、集団感染事件続報

レーシック業界に大きな衝撃をもたらした、銀座眼科の集団感染事件の続報です。

その後、調査が進んで感染者の症状についても、具体的な情報が明らかとなってきました。

銀座眼科:患者20人が重症の角膜炎…レーシック手術
(毎日新聞 2009年3月18日 22時48分(最終更新 3月18日 23時07分))

 銀座眼科(東京都中央区)でレーザーを使って近視を治す「レーシック手術」を受けた患者67人が、ずさんな衛生管理のため角膜炎などに集団感染した問題で、中央区保健所は18日、その後の病状調査で患者のうち20人が重症の角膜炎を訴えていると発表した。

 中央区保健所は2月下旬の問題発覚後、同眼科が「発症の可能性がある手術期間」と説明する昨年9月下旬から今年1月中旬に手術を受けた67人分の患者リストを取り寄せ、現在の主治医が確認できた44人について調査票を送付した。

 その結果、39人が角膜炎の症状を訴え、うち20人が重症。1人は失明の恐れもあるとされる網膜はく離で、4人が角膜移植を検討している。【井崎憲】


発症の可能性がある期間(2008年9月下旬〜2009年1月中旬)に手術を受けた患者で、確認できた44名の内、39人(約89%)が角膜炎に感染し、そのうち20人(約64%)が重度の感染という非常に高い数字が出ています。

先の報道では、2008年9月から2009年1月にかけて手術を受けた患者さんが639人ということでしたので、お心あたりのある方は、特に違和感がなくても再度目の検査を受けられるとよいかもしれません。

レーシック 視力回復
 

 


Copyright © 2005-2006 LASIK体験者によるレーシック入門 All rights reserved.

posted by でぃえら at 15:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | レーシックニュース | お問合せ
この記事へのコメント
テレビでも宣伝していて結構メジャーになってきたなぁと思ったら、こんなことになってびっくりです。
眼科の方では儲かるからこういうことになってしまったんでしょうかね。
Posted by キッド at 2009年04月16日 16:54
キッド様

原因はいろいろ考えられますが、儲かるからというよりは、低価格化による医療サービスの低下が原因ではないかと思います。

Posted by でぃえら at 2009年04月26日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

トラックバックは管理人の承認後に表示されます.

承認の基準については,本ブログのトラックバックポリシーをご確認いただけますようお願いいたします.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。