2006年03月01日

医療費控除に挑戦(5)税務署にいってきました

有給とって最寄の税務署に医療費控除に行ってきましたので報告します.

朝食を済ませて,まず持っていくものの準備をしました.

  • 確定申告書

  • 源泉徴収票

  • 領収書など

  • 印鑑


次に,最寄税務署の住所と電話番号をメモし,午後の申告受付が始まる時間をチェック.

申告は13時〜16時まで受付ということで,13時くらいに家を出ることに決め,もろもろの家事を済ませて,昼食をとり,車へと乗り込みました.

カーナビで税務署を目的地に設定したところ,11分程度で到着することを確認し,出発!

しかし,初めての税務署ということで,途中右往左往したものの,13時半に無事?到着

税務署.jpg


税務署に入ると受付に人が並んでいました.

税務署受付.jpg


その横には以下のような案内が.

税務署案内.jpg


「すでに完成した申告書を提出される方は順にお並びください.」

ということで,その列にならぶと,すぐに自分の番になりました.

まず国税庁のホームページで作成した書類を渡し,源泉徴収票を提出し,もろもろの領収書を提出すると,受付の人が,書類に押印をしていきます.

そして,控えを渡され,「大体1ヶ月半くらいで,指定の口座に振込みされます」といわれ終了???

「これで終わりですか?」とたずねたところ,「はい」という返事・・・

税務署についてから,申告にかかった所要時間は,実に5分^^;A

おそらく確定申告と時期が重なったためとは思いますが,実にあっけなかったです.

その後,駐車場へと歩いている途中で,印鑑を押し忘れていたことに気づき,再度受け付けに戻って,押印して,今度こそ本当に終了!

それにしても,移動時間の方が長いとは・・・^^;A


多少拍子抜けでしたが,税務署に実際に出向いたおかげで,医療費控除に関するある情報を入手できたのでよかったです.

それは,医療費控除は

  • 受付はいつでもできること(確定申告の時期でなくてもよい)

  • 5年前までさかのぼって申告できるということ


です.

つまり,平成17年度現在であれば,平成12年度の分も,申告できるということです.

もし5年以内に医療費が10万円越えた年度がある人は,今からでも遅くありませんので,書類を作って申告してみるとよいと思います.


それから帰りしに,気づいたのですが,僕は明細書に定期健診の通院費用を計上しました.

しかし,これを裏付ける書類をどのように同封したらよいのかわからなかったので,特に何もせずに提出しました.

もしかしたら,その件で後日問い合わせが来る可能性もありますが,その場合はまた報告したいと思います.



<<前へ  <目次/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11>  次へ>>




 

 


Copyright © 2005-2006 LASIK体験者によるレーシック入門 All rights reserved.

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

トラックバックは管理人の承認後に表示されます.

承認の基準については,本ブログのトラックバックポリシーをご確認いただけますようお願いいたします.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。