2006年08月11日

進化する神戸クリニックの無料説明会

帝国ホテル説明会この日曜日に,神戸クリニック無料説明会で,体験者として話をしてきました.

今回,神戸クリニックの無料説明会で,話をさせていただくのは3回目でしたが,前の2回と今回の神戸クリニック無料説明会は大きく進化していましたので,そのご報告をしたいと思います.


帝国ホテル神戸クリニックでは,これまでも

  • 病院ではなくホテルで説明会を開催して参加しやすくする

  • 説明会で軽食を用意することで話安い場を提供する


という努力を行ってきました.


しかし,こうした場面において,体験者や医師と話をする「きっかけ」は参加者の積極性に任せてきている面がありました.


しかし,今回は参加者が,医師や体験者に話を聞きやすくなっているのを感じました.


それは無料説明会の懇親会で顕著に現れていました.

当日は約50名と若干参加者大目でしたが,参加者を4つのグループに分けて,1番から4番のテーブルに誘導されました.

また,各グループごとに専任のスタッフが配置され,簡易検査の誘導や説明会の感想等を積極的に聞いていました.

さらに,このスタッフは全員がレーシック体験者であるため,参加者がスタッフから体験談を聞くこともできるのも特長的でした.


当日参加の医師(この日は吉田理事長でした)にも,専任のスタッフが一人付き,各テーブルごとに時間を決めて医師を回すことで,全ての参加者が医師に直接話しができるということもやっていました.


帝国ホテル食事.jpgまた体験者(この日は私)も同様にテーブルに案内され,「体験者のでぃえらさんです」と紹介されました.
これをきっかけにあちらこちらから,質問が飛んできて,帝国ホテルの料理もあまり食べることができないほどでした^^;A



加えて,懇親会後のアンケートもなるべく答えてもらえるよう促すだけでなく,回答に悩んでいる参加者にはすぐにスタッフが駆け寄り,疑問点を解決しながら進めるなど,参加者に対する気配りがかなり徹底されているという感想を受けました.


私も実際に質問を受けたのですが,ハローやグレアに関する質問であるとか,かなり細かな術式に関する質問もあり,参加者自身のレーシックに関する理解度が上がっているという印象も受けました.

そうした現状を踏まえると,神戸クリニックがホテルや軽食というハードウェアのみならず,スタッフの気配りの徹底というソフトウェアを充実させていることは,大変有効だと思いますし,参加者の満足度も高いのではないかと思いました.


以上のような理由から,レーシックを検討している方は1度は神戸クリニックの無料説明会に参加されてみてはいかがでしょうか?


 

 


Copyright © 2005-2006 LASIK体験者によるレーシック入門 All rights reserved.

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

トラックバックは管理人の承認後に表示されます.

承認の基準については,本ブログのトラックバックポリシーをご確認いただけますようお願いいたします.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。