2005年06月11日

LASIK眼科医の選び方(4)-コストパフォーマンス

3つ目は,「コストパフォーマンス」です.

レーシックの手術費用は病院によって様々です.
(中には同じ病院でも執刀医によって値段が違うところもあります^^;A)

それなら,一番値段が安い病院が最もコストパフォーマンスが高いか?というと,それは「NO」です

なぜなら,ある病院は手術費用だけの値段で,ある病院は手術費用に加えて,術後の定期検診代込みの値段という具合に価格に含まれる内容が異なるからです.

そこで,レーシックによってお金が発生する項目を整理します.

直接費用1)適応検査費用レーシックを受けることが出来るかどうかの適正を判断するための検査にかかる費用です.

僕が手術を受けた神戸クリニックでは通常8,000円かかりますが,現在は無料で受けることができます.このほか,無料説明会に参加して,適応検査を予約しても無料になります.
2)手術費用エキシマレーザーをあてるのにかかる手術の費用です.

神戸クリニックでは両目で38万円になります.ただし,割引制度もありますので,一度チェックしておくとよいでしょう.
3)術後定期検診費用手術後に眼の状態を確かめるために,定期的に行う検査にかかる費用です.

神戸クリニックでは,検診費用は手術費用に含まれているため,実質無料です.
4)処方薬費用手術当日や術後検診で処方される薬代です.

神戸クリニックでは,手術日,翌日検診,1週間後検診,1ヶ月後検診,3ヵ月後検診,半年後検診,1年後検診の際に処方される薬代は,手術費用に含まれているため,実質無料です.ただし,それ以外の検診で処方された薬代は実費となります(ただし,術後1年間の検診は何度受けても無料です).
5)付属品費用手術後の保護用めがねや就寝時につける眼帯などにかかる費用です.

神戸クリニックでは保護用めがね,眼帯,ポシェットなどは手術費用に含まれているため,実質無料です.
【参考】>>手術日に受取る付属品

病院によっては入浴時のゴーグルも含まれるところもあるようです.
間接費用6)交通費病院まで行くのにかかる交通費です.通常は公共交通機関を利用して病院までいった場合は医療費控除の対象となるようです.
※ただし,医療費控除が適応されるかどうかは直接税務署で確認するようにお願いいたします.
オプシ
ョン費用
7)宿泊費自宅から通える場所にレーシック眼科医がない場合は,翌日検診もあるため宿泊費が必要となります.これは医療費控除の対象となるかどうかは微妙なようです.


神戸クリニックを始めとするいくつかの病院では,遠方者向けにで宿泊費の一部を負担する制度を導入していますので,一度確かめてみるとよいでしょう.
8)手術給付金申請用の診断書作成費用生命保険や医療保険に加入している人は,保険会社から手術給付金が支給される可能性があります.この手術給付金を申請する際には,病院の診断書が必要となります.私が聞いた話では診断書の作成には3,000円から15,000円程度かかるようです.しかし,神戸クリニックでは生命保険の手術給付金の受け取りに必要な診断書を無料で作成しています.
【参考】>>神戸クリニック 費用についてicon
【参考】>>診断書の相場
9)提携病院での定期検診費用遠方で手術を受けた人で,術後の定期検診を近くの眼科医で受けたい人は,提携病院の紹介を受けることが出来ます.ただし,この際の費用は自己負担となる可能性があります.
病院によってはこの際の検診代が発生しない場合もありますので,遠方の病院で手術を受ける場合は,事前に確認するとよいでしょう.
10)再手術費用レーシックには「近視戻りicon」という合併症にかかる可能性があり,この場合は角膜の厚みに問題がなければ,再度レーザーをあてて視力矯正を行う場合があります.こうした再手術にかかる費用は,病院によって異なり,再度費用が必要となる病院や,術後数年以内は無料という病院などがあります.

神戸クリニックでは「生涯保障プログラム」を導入しており,十分な検査や医師との相談の中で予定した視力に万一回復しなかった場合や,近視の強い方が治療を行なった際に稀に起こる術後の合併症の一つである「近視戻り」があった際に,無料で再手術することが出来ます.

※病院によっては上記以外のオプション費用が発生することもあります.


大体以下のような費用が発生しますが,個人的な事情から発生する費用(オプション費用)もありますので,自分はどの項目の費用が必要かを整理した上で,検討している眼科医での総額の概算をしてみるとよいでしょう.


次は自分がどの程度の視力を得たいかを考えてください.

例えば1.0以上に回復したい人は,病院のホームページや問い合わせによって,過去の実績で1.0以上に回復した患者さんはどのくらいいるのかといったことを聞いてみましょう.

※ちなみに僕が手術を受けた神戸クリニックでは97%の方が1.0以上の視力に回復しています.

そうした過去の実績とそれにかかる費用をみて,費用対効果を評価することで,もっともコストパフォーマンスがよい病院を判断するとよいと思います.


<<前へ  <1/2/3/4/5/6>  次へ>>





 

 


Copyright © 2005-2006 LASIK体験者によるレーシック入門 All rights reserved.

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

トラックバックは管理人の承認後に表示されます.

承認の基準については,本ブログのトラックバックポリシーをご確認いただけますようお願いいたします.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。