2007年10月31日

NASAがカスタムビューとイントラレーシックの組み合わせを宇宙飛行士に承認

NASAイントラカスタムビュー.jpgAMOのプレスリリースによると、NASAカスタムビューとイントラレーシックの組み合わせを条件に、宇宙飛行士の視力矯正手術を承認したようです。

よく読むと、カスタムビューに関わらずウェーブフロント照射とイントラレーシックの組み合わせであればよいようです。

ただ、NASAが承認の根拠としたのが、スチャロン先生という元アメリカ海軍の眼科医の臨床データと論文のようで、この臨床データはカスタムビューを使用しているようですので、厳密にはカスタムビューとイントラレーシックの組み合わせが承認されたと捉えられるとよいかと思います。

イントラレース社をAMOが買収したのが、今年の1月ですから、これまたレーシック業界の大きなニュースですね。

日本でも今後、カスタムビューとイントラレーシックという組み合わせが定着していくのではないかと思います。


神戸クリニック




 

 


Copyright © 2005-2006 LASIK体験者によるレーシック入門 All rights reserved.

posted by でぃえら at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックニュース | お問合せ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

トラックバックは管理人の承認後に表示されます.

承認の基準については,本ブログのトラックバックポリシーをご確認いただけますようお願いいたします.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。