2005年09月02日

イントラレーシック特集(2)−イントラレーシックとは

イントラレーシックとは,

フェムドセカンド(FS)レーザーという特殊なレーザーでフラップを作るレーシック」

のことです.

【参考】>>LASIKの種類


FSレーザーの眼科への利用はミシガン大学で(2001年に?)最初になされ,現在(2005.09月,以下同様)INTRALASE社で開発されているINTRALASE® FS laser(もしくはINTRALASE® FS2 laser)がイントラレーシックの機器として広く普及しています.

日本では現在,品川近視クリニック神奈川クリニック眼科錦糸眼科安淵眼科が,IntraLase社の認定施設としてイントラレーシックを実施しているようです.



イントラレーシックは平面ガラスのついたアタッチメントを角膜に吸引固定して,その上方からFSレーザーを照射してフラップを作ります
FSレーザーはある一定の距離においてのみエネルギーを発生し,平面ガラスから90ミクロン下にエネルギーの焦点を合わせてイントラレーザーを照射すると,その焦点の角膜組織の内包した水分が瞬間的に水蒸気に変化して体積を増加させ,約1ミクロンの微細なはく離を起こします.
角膜はバームクーヘンのような構造をしているため,平面ガラスにそってイントラレーザーとその焦点が移動すると,はく離面が組織にそって平行に広がります
FSレーザーは角膜周辺に達するとフラップ面を垂直に立ち上がってエッジを直角に切り上げ,フラップが完成します.




なお,イントラレーシックの手術映像は以下のサイトで閲覧することが可能ですので,興味のある方はご覧ください.

イントラレーシックの映像」(参宮橋アイクリニック


【関連ページ】
  • IntraLase:AboutUsINTRALASE社
  • イントラレーシック(Intra LASIK)神奈川クリニック眼科
  • 治療について錦糸眼科
  • LASIKのすべて品川近視クリニック
  • LASIK / IntraLASIK安淵眼科
  • LASIK治療の発展と歴史近視レーザーセンター)



  • <<前へ  <目次/1/2/3/4/5/6/>  次へ>>



     

     


    Copyright © 2005-2006 LASIK体験者によるレーシック入門 All rights reserved.

    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのTrackBack URL

    トラックバックは管理人の承認後に表示されます.

    承認の基準については,本ブログのトラックバックポリシーをご確認いただけますようお願いいたします.

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。