2006年09月16日

レーシックと角膜厚【8】むすびに

角膜厚イメージ.jpgレーシックと角膜厚の紹介はいかがでしたでしょうか?

このテーマを掘り下げたことで,適応検査においてなぜ角膜厚が大きなポイントになるかを,個人的には理解することができました.

また不正乱視の矯正やハローやグレアという夜間視力の低下抑制に効果的といわれるウェーブフロントレーシックについてですが,角膜厚との関係性でいえば必ずしもメリットばかりではないということも,一つのポイントであろうと思います.

だからといって,ウェーブフロントレーシックが悪いというものではなく,患者さんの特性と,ウェーブフロントレーシックのメリットとデメリットを総合的に判断した上で行うのであれば,大変有効な技術であるとおもいます.

それゆえに,専門家(眼科医)の判断が重要となりますし,ウェーブフロントレーシックを行う際には,患者にメリットとデメリットを含めた十分な説明(インフォームドコンセント)が必要ということがいえるでしょう.

またウェーブフロント照射を標準で行うクリニックで,角膜厚の問題から不適応と判断された場合も,別のクリニックで適応検査を行えば適応と判断される可能性もありますので,その際は別のクリニックで,適応検査を受けてみるという選択肢もありうると思います.

ちなみに,ウェーブフロントレーシックを行う際に,患者さんの特性に合わせて実施しているクリニックとして,私が知る限りでは以下のクリニックが良いのではないかと思います.



本特集がレーシックと角膜厚について,皆様の理解の手助けになれば幸いです.

2006.09.16

でぃえら



【関連記事】



<<前へ  <目次/1/2/3/4/5/6/7/8/>  次へ>>

2006年09月15日

レーシックと角膜厚【7】ウェーブフロントイントラレーシックと角膜厚

イントラレース.jpgさて,ここで最新技術といわれるウェーブフロントイントラレーシックについても同様に考察してみたいと思います.

(Photo:LASIK Surgey- Intralase


続きを読む
posted by でぃえら at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックと角膜厚 | お問合せ

2006年09月14日

レーシックと角膜厚【6】ウェーブフロントレーシックと角膜厚

OPD-Scan結果2日本でも多くのクリニックが導入しているウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは,メガネやコンタクトレンズで矯正できない不正乱視の矯正や,ハローグレアといった夜間視力の低下を抑えることが可能な最先端のレーシック技術です.

このように大変効果の高い技術ですが,角膜厚という観点からウェーブフロントレーシックを捉えた場合,デメリットのある技術といえます.


続きを読む
posted by でぃえら at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックと角膜厚 | お問合せ

2006年09月13日

レーシックと角膜厚【5】術後の角膜厚について

角膜厚美女2.jpgこれまで解説してきたように,術後の角膜厚及び角膜残存ベッドが厚いほど,術後のリスクは減少できるといえそうです.

そのためには,「フラップ厚」と「切除深度」をなるべく抑えることが必要となります.


続きを読む
posted by でぃえら at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックと角膜厚 | お問合せ

2006年09月12日

レーシックと角膜厚【4】角膜厚の基準について

日本眼科学会.gifレーシックを行う際の角膜厚の基準について,日本では,日本眼科学会が定めたエキシマレーザー屈折矯正手術のガイドラインがあります.


続きを読む
posted by でぃえら at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックと角膜厚 | お問合せ

2006年09月11日

レーシックと角膜厚【3】角膜厚の重要性

角膜厚美女1.jpgレーシックにおいて角膜厚が重要とされるのには理由があります.


続きを読む
posted by でぃえら at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックと角膜厚 | お問合せ

2006年09月10日

レーシックと角膜厚【2】角膜厚について

角膜構造まずは,角膜厚について整理したいと思います.

レーシックと角膜厚の関係を理解する上で,知っておかなければならない用語が4つあります.

それは,「角膜厚」,「フラップ厚」,「切除深度」,そして「角膜残存ベッド」です.


続きを読む
posted by でぃえら at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックと角膜厚 | お問合せ

2006年09月09日

レーシックと角膜厚【1】はじめに

角膜厚パキメータ.jpgレーシックが不適応となる理由のひとつに,「角膜厚」があります.

角膜厚が薄く,術後に十分角膜厚を確保できないと診断された人は,レーシックを受けることができません.

そうすると,「どのくらいの角膜厚があれば受けることができるのか?」という疑問が当然わいてくると思います.

しかし,レーシックを受けるにあたり必要となる角膜厚は個人差があり,一概に何μmあれば十分ということを定義することはできません.

そこで,このレーシックと角膜厚について,整理してみたいと思います.

でぃえら


【関連記事】



<<前へ  <目次/1/2/3/4/5/6/7/8/>  次へ>>

posted by でぃえら at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックと角膜厚 | お問合せ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。