2005年04月23日

【目次】LASIK24h. あるLASIK体験者の"真実"

はじめに
企画説明ページの閲覧方法自己紹介
あるLASIK体験者の手記
(written by でぃえら)

1章:受付

2章:呼出

3章:緊張

4章:動揺

5章:実感

6章:覚醒

>>最初から読む

あるレーシック体験者の記録
(written by エイジ)

1章:来院

2章:検査

3章:手術

4章:術後

5章:祝宴

6章:翌日

>>最初から読む

あとがき
神戸クリニック

|NO COPY|デザイン・画像・文章の複製は禁止いたします.リンク自由.

Copyright © 2005 LASIK24h. All rights reserved.

posted by でぃえら at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | LASIK24h. | お問合せ

【あとがき】LASIK24h.誕生秘話

「LASIK受けるなら,手術の付き添いしますよ(^-^σ」

エイジさんからの一言がこの企画の発端でした.

当初は僕の手術風景を「でぃえらの視点」と「エイジの視点」で,各々好きなように書くという感じでしたが,この体験をよりレベルの高いものとして世の中に配信しようという意識へと変化してきました.

その理由は,3つあります.

続きを読む
posted by でぃえら at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | LASIK24h. | お問合せ

2005年04月20日

6章 覚醒【LASIK24h. 手記】

≪2005.04.10 09:00≫起床

PPPP!PPPP!PPPP!

うつぶせのまま,目覚ましを止め,時計を見る.

続きを読む
posted by でぃえら at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | LASIK24h. | お問合せ

2005年04月19日

5章 実感【LASIK24h. 手記】

≪2005.04.09. 18:30≫恵比寿駅西口

神戸クリニック広尾iconを後にして,僕らは恵比寿駅西口にいた.

藍玉さんというアフィリエイト業界では有名なおばちゃ・・・^^;A,いやアフィリエイターを待つためだ.

この日,藍玉さんはたまたま近くに買物に来ており,手術終わったら夕飯でも食べようという話になっていた.

藍玉さんと初めて知り合ったのは,アフィリエイトプログラムが走り出して間もない頃で,僕はまだ学生だった.

その後,彼女はカリスマ主婦アフィリエイターとか呼ばれるようになり,の出版までしたときには,本当に驚いたものだ.
(ちなみに出版パーティーでは友人代表挨拶させてもらいました^^;A)

それにしても・・・

続きを読む
posted by でぃえら at 07:41 | Comment(8) | TrackBack(0) | LASIK24h. | お問合せ

2005年04月18日

4章 動揺【LASIK24h. 手記】

≪2005.04.09. 17:40≫手術終了

予定通り15分で手術が終了し,手術室を出ると,エイジさんが立っていた.

それにしても・・・

続きを読む
posted by でぃえら at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | LASIK24h. | お問合せ

2005年04月16日

3章 緊張【LASIK24h. 手記】

≪2005.04.09. 16:45≫目の検査と手術説明

検査室に入ると顕微鏡で目の状態を検査され,手術に際しての説明がなされた.

最も注意されたのは,

手術中は,赤と緑のランプをしっかりと見るように

ということだった.

続きを読む
posted by でぃえら at 08:00 | Comment(0) | LASIK24h. | お問合せ

2005年04月15日

2章 呼出【LASIK24h. 手記】

≪2005.04.09. 14:30≫待合室にて

待合室では,エイジさんから

「最初に,視力検査やると思うけど,赤と緑の◎の奴は厳密に答えた方がいいよ^^」

というアドバイスを受けた.

その理由を聞こうとしたところ,検査する看護婦さんから呼出がかかった.

続きを読む
posted by でぃえら at 12:41 | Comment(2) | LASIK24h. | お問合せ

1章 受付【LASIK24h. 手記】

≪2005.04.09. 14:00≫JR恵比寿駅西口

でぃえらはエイジさんの待つ,JR恵比寿駅西口へと急いだ.

なぜなら今日は神戸クリニック広尾iconで行われるLASIKの手術の付き添いを頼んでいたからだ.

エイジさんとはアフィリエイトカンファレンスで出会い,1年以上の付き合いになる.

彼は既に神戸クリニック広尾iconでLASIKを受けており,早くからブログでLASIKについて情報発信を始めた一人だ.

恵比寿駅改札を出ると,既にエイジさんは到着していた.

少し遅れたことを詫び,エイジさんと,神戸クリニック広尾iconに向かった.

続きを読む
posted by でぃえら at 09:15 | Comment(0) | LASIK24h. | お問合せ

2005年04月14日

【はじめに】企画説明/ページの閲覧方法/自己紹介

LASIKが日本で広く認知される日

メガネ,コンタクトレンズに代わる第三の矯正法とも言われるLASIK(レーザーによる角膜屈折矯正手術).

アメリカでの手術件数は年間100万件を超え,LASIKがすっかり定着しています.

日本では2000年1月に厚生省(現厚生労働省)の認可を受け,徐々に手術を受ける人が増えてきています.

とはいえ,手術件数は年間数万件程度で、アメリカには遠く及びません.


「たった15分の手術でメガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放される」


としても,


「眼に直接レーザーを照射」


しなくてはならないことに,ためらいを感じない人は少ないでしょう.


逆に,そうしたためらいを払拭できれば,日本でもLASIKが広く認知されるのは間違いありません.

幸いインターネットのおかげでだれもが簡単に「個人の体験」を共有できる時代になりました.

現在,一部のLASIK体験者たちがその「特別な体験」をホームページやブログで公開しています.

最近では,LASIKを検討中の方にとって勇気や希望を与えたり,必要な知識を教えてくれたりする質の高い「LASIK体験談」も増えてきました.

それらを読むことで,LASIKの効果や安全性,手術の様子など,「LASIKの実際」をうかがい知ることができます.



「体験談」の欠点を補う日本初の「体験談」

LASIK24h.」もそうしたLASIK体験談の1つです.

ただ,既存の「LASIK体験談」にはない,斬新な仕掛けを施しています.

ビデオカメラで撮影した自分の映像を初めて見たとき,

その後ろ姿や歩き方に,新鮮な驚きを感じたことはありませんか?

新たな自分を発見したような,

知らない自分を見せつけられたような,

自分が自分でないような,戸惑いに似た感覚のことです.

自分が「他人」のように見えたとき,新たな「自分」を発見します.


LASIK24h.」は,

この「客観化」の効果を狙った

日本で最初の「LASIK体験談」です.

続きを読む
posted by でぃえら at 12:38 | LASIK24h. | お問合せ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。